ADD(注意欠陥障害)・アスペルガー症候群の私が生き辛さの解消を目指すブログ

1993年生まれ 2016年12月に発達障害(アスペルガー、ADD)と診断されました。 読書とゲームが好きです。

仕事の失敗例

仕事を楽しい、と思う時があります。

そして、このままやっていけるんじゃないかな、と浮かれると、大抵直後に何か大きな失敗をします。

 

今回の仕事の失敗は、自分では出来ない短納期で仕事を受けてしまっていたことです。

 

今までは、人に「どのくらいの時間で出来る?」と聞かれて、とにかく余裕を持って作業できるようにしよう、と多めに時間を伝えていました。しかし、ある時に時間が掛かりすぎだと叱られました。

作業1つ1つに掛かる時間を逆算して考え、空いてる人に仕事を手伝ってもらえ、と言われました。

 

その反省を活かそうとして、今度は時間を短く伝えすぎてトラブルになりました。

出来ると思ったのです。

しかし、作業の工程を勘違いしていたため余計な時間が掛かりました。先輩に手伝わせ、そして急いでやって出来たものは酷い出来で、やり直すべく周囲を巻き込み迷惑を掛けました。

 

職場の先輩は、怒りながらも優しく教えてくれました。作業の1つ1つには意味と理屈がある。それを考えて時間をとるのだと。

そして一番強調して言われたのは、相手とのコミュニケーションで相手がいつ必要か理解し、どのくらいの時間で仕上げればいいのか計れ、とのことでした。

 

我ながら、いかにもアスペルガー、という感じの失敗だと思います。

 

私に必要なのは、短時間で仕上げられる能力だけでなく(それも大切ですが)、相手がその仕事をいつまでに必要か、相手が私に何を求めているのか理解することだと思います。

 

私には不得意な分野かもしれませんが、人と言葉で意思の疎通が出来るのだから、可能なはずです。

 

他人に必要とされる人間になりたいのです。頑張ります。