読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADD(注意欠陥障害)・アスペルガー症候群の私が生き辛さの解消を目指すブログ

1993年生まれ 2016年12月に発達障害(アスペルガー、ADD)と診断されました。 読書とゲームが好きです。

私は会話をしていなかった

コミュニケーション

ある面接の練習をしました(転職ではないです)。

そこで特に言われたのが『もっと自分の言葉で話した方がいい』。

私が自身の実体験を交えて考えた内容で、私が話しているのに、これは自分の言葉ではないのか…?分からずに聞いたところ、

「会話すればいいんじゃないですか」

と言われました。
どういう意味か分からないでいると、

「相手の言われた言葉に反応して返せばいいんですよ」

とのこと。
その後も他の人とも相談しました。

そして分かったことは、私は今までは言われたキーワードに反応して、あらかじめ考えておいた文言を一方的に話しているだけでした。
そうではなく、相手の反応に合わせて、伝えたいことの軸にぶれないように言葉を紡げ、ということらしいです。

つまり、【予め用意した文言を機械的にそのまま喋っているだけ】なのを【自分の言葉で話していない】と受け取られていたんですね。

面接に限らずコミュニケーションにおいて、多くの人にとっては自然に行なっていることなのでしょうが、私には目から鱗でした。




最近思ったのですが、意味分からん!と思ったことはその場で素直に聞くことがいいと思いました。(検索すればすぐ分かりそうなこと以外)

以前はよく分からないのに、はい、と言ってしまうことがありましたが、それで迷惑を掛けてしまうことが多々あったのでもうしません。
反射で応えるのではなく、相手の反応を意識する。心掛けます。